リフォームや防犯カメラ設置で快適生活|安心できる毎日

住宅

人気のスタイリッシュな床

集合住宅

フローリングにおいて唯一の欠点とも言えることが、冷たいこと。
暑い時期は冷たい床が気持ちいいと思えますが、寒い時期になると足が冷たくて部屋も寒く感じられます。
カーペットを敷くという方法もありますが、全面に敷くことを考えるとフローリング本来の良さが消えてしまうことになります。

このような時に解決できる手段として選ばれているのが、床暖房のリフォーム。
冷たいフローリングの床を床暖房で温められるようにしておくことによって、温かくてポカピカした部屋になります。
床暖房は見た目にも特に変化を与えることもないので、住まいのイメージをそのまま残しながら温かい部屋を作ることが可能なリフォームです。

床暖房を住まいに取り入れるリフォームは、かなり大掛かりな施工が必要になると思われている人も多いでしょう。
というのも、床全体を剥がしてそこから床暖房仕様のフローリングを設置するというイメージが強く、費用と手間がかかるリフォームであると思われています。

しかし、最近の床暖房設備はどんどん進化していて、手軽で簡単に設置をすることができるようになっています。
実際の施工方法で見てみると、既存の床を剥がさずにその上から床暖房仕様のフローリングを設置することができるものがあります。
これなら、施工の手間も省けますし費用も安くつくので、手軽に床暖房を取り入れることができるでしょう。
また、全面的に床暖房にするのではなく、温めたい部分だけに設置することができるようになっているので思い通りのリフォームができます。

床暖房はリフォームで設置をする方法で違いをつけることができますが、その他に電気式と温水式という2種類のタイプが選ばれています。
この2つの種類について、どのような違いがあるのかを見ていくことにしましょう。

◯電気式
電気式はその名の通り、床に電気を通す熱源を使用している床暖房。
設置時のコストは熱栓や発熱ヒーターを取り入れるだけなので比較的割安で済みますが、電気を使用した分だけ光熱費がかかりやすくなります。
スポットで使うような箇所に床暖房を設置したい場合は、この電気式が選ばれています。

◯温水式
温水式はガスや太陽光で温めた水を使用する床暖房。
設置時のコストはヒートポンプや給湯設備などの設置などが必要なることもあるので割高になりますが、光熱費は安くつきます。
1日中床暖房を利用したいという箇所に設置したい場合やエコな方法で床暖房を取り入れたいという場合は、この温水式が選ばれています。

床暖房のある生活は、自然な温かさが感じられる床で過ごす生活は、1日体験するとやみつきになるほどの心地よさです。
その為、リフォーム件数も床暖房に切り替えした人からの口コミや実際にその温かさを体験した人から広がって、今やリフォームの中でも人気のある施工とされています。

一方、快適に過ごせる床暖房も、機能的な面以外に心配されるのはインテリアの問題。
せっかく住まいと調和したフローリングにしていても、床暖房を導入することで設置した部分だけ違いが出て違和感が出ることを心配される人がいるかもしれません。
いくら温かい住まいが実現したとしても、部屋自体が違和感を覚えるような仕様にすることはできないでしょう。

しかし、実際の床暖房で選べる床材は非常に種類が多く、住まいと同じようなイメージのものを選ぶことができるようになっています。
同じようなものであれば、調和のとれた空間を作ることができますし、逆にインテリアの雰囲気を変えたい時は全く異なる床材を選んでみてもいいでしょう。
インテリアという点でも問題なく使用できるようになっている為、人気を集めています。

快適な空間にしてくれる床暖房は、専門の住宅メーカーに依頼をすることで施工をしてくれます。
ただ、リフォームを行う際はそのまま依頼をするというより、工事内容と費用の確認をしっかり行った上で進めることが安心です。
確認せずに進めてしまうと、後で料金や施工トラブルになってしまうこともあるので的確なリフォームが依頼できるようにしておくことが大切です。

ここで、工事内容と費用の確認に役立つのが、現地調査と見積もり。
実際に施工を依頼する専門業者に自宅に来てもらい、リフォームしたいフローリングを見てもらいます。
その上で、どのような施工をしてどれぐらいの費用になるかが分かる見積もりを出してもらうことによって、自分の住まいに関わる床暖房のリフォームが分かります。
床暖房はどんどん進化を遂げていて、床暖房自体の機能性やリフォーム施工の技術が高まっています。
例えば、最近人気がある床暖房のタイプは、寒い時期は温かく暑い時期は涼しい状態に設定することができるタイプです。
これは床暖房がエアコンと一体型にされていることから、室温や設定に合わせて自由自在に床の状態を変えることができます。

また、リフォーム施工の面では、床暖房を設置するだけではなく床自体のワックス加工や傷防止加工などをプラスすることができます。
こうした加工をプラスすることによって、フローリングを綺麗な状態に保つことができます。
これから床暖房をリフォームで設置しようとされる場合は、快適な空間にしてくれる機能や施工を選んで取り入れていきましょう。

Copyright© 2016 リフォームや防犯カメラ設置で快適生活|安心できる毎日 All Rights Reserved.